ひょうたん鍼灸接骨院

ぎっくり腰について

ぎっくり腰に対し抱かれているイメージとして多いのが中年から高齢者に発症する症状や、慢性的に運動不足に陥っている方が見舞われる症状という事ですが、実際には若年層かつ運動習慣を持っている方でもぎっくり腰を発症します。

 

そのようなぎっくり腰というのは医学的な名称では急性腰痛症と呼ばれており、発症すると突如として激痛に襲われてしまい、重度である場合にはその場で立ち上がったり、寝返りを打つ事さえできなくなります。

 

ぎっくり腰を発症する原因には個人差があり、骨に生じている歪みや腰部の筋組織が弱くなっている事の他に、行っている運動が激しすぎる事で筋組織に負荷が生じ、ぎっくり腰の原因になる場合もあります。

 

ぎっくりは負荷がかかって発症する

 

このように骨や筋組織という違いや過ごし方の違いはありますが、共通しているのは本来であれば腰部に生じない異常な負荷がかかっている際に発症するという事です。

 

そのため、たとえ若年層かつ運動習慣を持っている方でも、行っている運動が自身の身体にとって負担が大きすぎるものである時には、ぎっくり腰の原因に繋がります。

 

発症してしまった後、日常生活さえ営めなくなるほど強い痛みが生じる期間はおよそ2日から3日間で終わり、以後は痛みは感じつつも日常生活は送れるようになります。

 

痛みを感じつつ日常生活を送る生活をおよそ10日間過ごした後、完治に向かい一切痛みや違和感が感じられなくなる時間が長くなっていきます。

 

より効率的かつ効果的に完治を目指したいのなら、ぎっくり腰を発症してから1週間は集中的なケアを受けるようにし、その後少しずつリハビリをしていくと完治しやすくなります。

 

ぎっくり腰なら腰の駅 西名へ

また、ぎっくり腰においては効率的かつ効果的に完治を目指す場合に限らず、発症した時には速やかに最寄りの医療機関に訪れる事も大切です。

 

全く動けない方が居る一方、発症後も比較的スムーズに動ける方も居るためつい普段通り動いてしまいたくなりますが、発症日にしっかりとした治療を受けなければ炎症物質がより一層広がってしまいます。

 

腰の駅 西名は患者さまお一人お一人に心を込めた施術を心がけております。ぎっくり腰は続けて治療することで少ない治療回数で早期の回復が可能になります。

 

骨盤の歪みを直すことで日常生活の悪習慣も正し腰痛予防もできます。ぎっくり腰ならぜひ腰の駅 西名にお任せください。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 営業時間
  • お問い合わせ

ひょうたん鍼灸接骨院 腰の駅 名西

住所:〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町四丁目43番地 サウステラス103号室

アクセス:名古屋市バス13系統 香呑町バス停下車(バスを降りて目の前)
地下鉄 鶴舞線【庄内通駅】下車 徒歩 約8分