ひょうたん鍼灸接骨院

脊柱管狭窄症について

背骨の中でも腰の部分にある腰椎において神経が通っている脊柱管が部分的に狭くなることがあります。

 

脊柱管が圧迫されることが原因で下肢のしびれや疼痛、歩行障害などが見られるようになった状態のことを腰部脊柱管狭窄症と呼びます。

 

腰部脊柱管狭窄症になる原因の多くは加齢による骨の増殖です。

 

上関節突起が増殖することで脊柱管が圧迫されます。靭帯の肥厚も狭窄の原因とされています。

 

さらに腰椎の中で部分的に前後方向の緩みがある場合は、腰の曲げ伸ばしによって脊柱管狭窄症を発症することがあります。

 

最も多い原因は加齢

 


腰部脊柱管狭窄症の原因で最も多いのが加齢に伴う変性です。

 

他にも先天的に脊柱管が狭い場合や分離すべり症による場合、手術後に発症する場合や外傷を原因とする場合などがあります。

 

脊柱管の狭窄には、管の中心が狭くなる正中部狭窄と横の方が狭くなる外側部狭窄が存在します。

さらにこの2つが合併するケースもあります。

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は下肢のしびれや痛み、間欠性跛行などです。

 

脊柱管には脊髄の枝である馬尾神経とさらにそこから分岐した神経根が通っています。

 

狭窄部で馬尾神経と神経根が圧迫されると、下肢がしびれたり放散痛が現れます。

 

脊柱管狭窄症なら腰の駅 名西へ

またある程度距離を歩行すると徐々に足が前に出なくなり、立ち止まって休憩するようになる間欠性跛行も発症します。

 

腰部脊柱管狭窄症では背筋を伸ばして腰椎を伸展すると狭窄が強くなります。反対に腰を曲げると狭窄が緩みます。

 

そのため背筋をまっすぐに伸ばした状態で立っていると、次第に足がしびれてきます。

 

脊柱管狭窄症は、神経が障害され、さまざまな不具合が起こります。当院に来院されている坐骨神経痛の方は、 歩くことも困難な方もいらっしゃいます。

 

腰の駅 名西は患者様の痛み・痺れを早く取り除きます。根本治療で原因をとことん探求いたします。脊柱管狭窄症でお困りならぜひ一度、腰の駅 名西にお越しください。

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 営業時間
  • お問い合わせ

ひょうたん鍼灸接骨院 腰の駅 名西

住所:〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町四丁目43番地 サウステラス103号室

アクセス:名古屋市バス13系統 香呑町バス停下車(バスを降りて目の前)
地下鉄 鶴舞線【庄内通駅】下車 徒歩 約8分