ひょうたん鍼灸接骨院

すべり症や分離症のについて

腰痛に悩むという方は多い傾向もありますが、痛みに耐えて治療をしないというのは注意が必要です。

 

腰を痛めてしまうことで、生活に支障が出ることもあるため悪化を防ぎきちんと治療をすることや生活状況の見直しをしてみることが重要だといえます。

 

腰痛では、分離症やすべり症などなどいくつかの種類があります。

 

分離症は、スポーツなどをしている中高生など比較的若い世代に多い障害の一つといえます。成長期であるため、体の成長が著しい時期です。

 

その時期に過度なトレーニングやスポーツにより体に対して激しい負荷をかけてしまうことで、体に対してダメージを与えてしまうことになり、状況によっては体の部位に支障をきたしてしまうケースもあります。

 

分離症では、体を動かすこと、前後屈やジャンプするなどの動作が繰り返されることが多いスポーツをしていると、背骨に対しての負担が多くなり、腰椎が疲労骨折、もしくは腰椎が二分状態になるケースもあるため、注意が必要です。

 

放置すると悪化の可能性が

 

痛みをこらえる、たいした痛みじゃないからといって背骨に負担がかかるような動きを続けてしまうと、悪化してしまい初期の段階で治療を行えば骨癒合なども可能な場合もありますが、治療などせずにそのままの状態では悪化する可能性が高まります。

 

その後、放置が続き悪化してしまうと分離すべり症という障害になることもあります。

 

分離症によって腰椎の連続性が絶たれている状態になっているため、そこからずれやすい状態となっています。

 

腰椎が通常の位置からずれてしまった状態は腰椎すべり症といい、椎間板などが老化によるものが原因で起こるものを編成すべり症ともいいます。

 

すべり症や分離症は腰の駅 名西へ

このように、分離症やすべり症などの症状、原因を知ることで対策をきちんと行うように日々、心がけていくことが必要です。

 

腰痛はよくあることだ、周囲にいる人たちでもそのような悩みを抱えているからと楽観視するのではなく、痛みがあるというのは何らかの異常があるとみて対策をしましょう。

 

腰の駅 名西は患者さまを痛みから解放し、痛みを繰り返さないため心を込めて施術しております。痛みや不調への改善と予防で最善の状態へ導きます。

 

ぜひ一度腰の駅 名西へご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 営業時間
  • お問い合わせ

ひょうたん鍼灸接骨院 腰の駅 名西

住所:〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町四丁目43番地 サウステラス103号室

アクセス:名古屋市バス13系統 香呑町バス停下車(バスを降りて目の前)
地下鉄 鶴舞線【庄内通駅】下車 徒歩 約8分